Twitchはユーザーエクスペリエンスの配信を改善する新機能を導入したあと、プラットフォーム全体のブランドリフレッシュ導入している

 Twitchは最近のブログ投稿で、ブランド再設計の目標にクリエイターの活気あふれるエネルギーと、コミュニティでのイノベーションとのマッチングに焦点を当てることを明らかにしている。このアプローチについて、Twitchは現在の機能をブランディングの新しいルック&フィール(デザインの外観と操作性の意味)で更新した。

クレジット: Twitch

 デザインの観点から、Twitchはメインのロゴ、アイコン、そして紫の色まで作り直した。ロゴやデザインはより大胆なブロックのように見え、Twitchのイメージから切り離せないパープルカラーはより鮮やかになった。

クレジット: Twitch

クレジット: Twitch

 強化された色合いとして、落ち着いた色合いのミュートシェードと鮮やかな色合いのアクセントシェード、ふたつのコンパニオンパレットも用意。コンテンツの作り手向けには、新たに追加されたクリエイターカラーを介して新しい色にアクセスし、コンテンツをカスタマイズできる。
 
 その他に視覚的な改善点は以下の通りになる。

  • 新たなフォント、「Roobert」を使用して、Twitchを洗練されたモダンな見た目に。
  • Twitchコンテンツ内およびその周辺で、エモートをより多く使えるように。

 ユーザーエクスペリエンスに関して、Twitchは最高のものを提供するための追求を続けるという。ユーザーがコンテンツを最高品質で、シームレスにブロードキャストできるようにするそうだ。

 投稿されたブログでは、さらに多くのアップデートが公開されているほか、まもなく再設計がオンラインになることも確認されている。改善の一部はTwitchブログで最初に公開される。