『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』に、2020年から『Pacific League Championship(PCS』が新設されることが決まった。ガリーナと、LoLを開発するライオット・ゲームスが発表した。

 新リーグは、これまでの『The League Master Series (LMS)』と『League of Legends Southeast Asia Tour (LST) 』が統合されたもの。新リーグにはLMSの香港、台湾、マカオのチームと、LSTのタイ、フィリピン、インドネシア、マレーシア、シンガポールのチームが参戦することになる。

 合計10チームが初年度のリーグに参加することが決まっており、スケジュールやフォーマットの詳細は2020シーズンの開幕前に発表される。

 ガリーナは統合の目的について「地域の競争力を高めるため」と「ファンのつながり体験を加速させること」としている。

READ MORE: LoLの2019オールスターイベントで「チームファイト・タクティクス」が開催!