『Asia’s Got Game』とは、シンガポール・コミックコンにて発表された新しいリアリティショーである。主にeスポーツとゲーム全般を紹介していく内容だ。

 『Asia’s Got Game』は、Eスポーツ・マーケットプレイス・Yup.ggとグローバルでIPを展開する代理店である108 Mediaらが制作する「アジア初の、台本なしのリアリティショー」である。番組ではアジアのゲーマーを特集する。リアリティショーの終わりには、選手は世界トップeスポーツ企業との契約を受け取れるのだ。

 『Asia’s Got Game』はテレビで1時間放映され、その他ソーシャルメディアや新たなeスポーツリーグでもストリーミングされる予定だ。



 MOU(了解覚書)が先週末に署名され、『Asia’s Got Game』最初のシーズンは来年2020年初頭に撮影を開始する予定だ。

 Eスポーツ・マーケットプレイス・Yup.ggのCEOであるレイフォード・コックフィールド3世は、リアリティショーの可能性と、eスポーツとゲームを大衆に紹介するやり方を楽しみにしており、次のように語っている。

「eスポーツとプロ選手のゲームを、アジアのさらに多くの視聴者に披露し、業界がどこまで進歩したかを見せ、地元にてゲームプレイのクリエイティブな才能が、その情熱を有利なキャリアに変えていく、本物のチャンスを与えられることを楽しみにしています」

READ MORE【フォートナイト】『スター・ウォーズ』最新作公開に向け、独占プレミア上映を開催!